メールマガジン「辺真一のマル秘レポート」(有料)発刊!!

 ブログやホームページでは書けない貴重なニュースをお届けするために メールマガジン「辺真一のマル秘レポート」を2014年1月から毎月2〜3回発刊します。 月額540円、初月は無料ですので以下からご登録をお願いします。 ご登録はこちらから

    辺真一の近著!

    もしも南北統一したら

  •  
  •  

大統領就任以来、文在寅が固執する北朝鮮との統一。
日本人にとっては「反日国家」のイメージが強い両国ですが、
もしも朝鮮半島の統一が実現したとすると……

・南北統一=真の国交正常化を意味する
・資源の中国依存を解消
・中国の海洋進出阻止が可能となる


など、巨大反日国家の誕生どころか、日本を救う可能性が高くなります。
決して「絵に描いた餅」とは言い切れない驚愕のシミュレーションをまとめた一冊



2020年8月10日(月)

どうにも止まらない文在寅大統領の支持率急落 政権与党「共に民主党」も落ち目!

文在寅大統領と与党「共に民主党」の李ヘチャン代表(青瓦台ホームページから)

 文在寅大統領の支持率下落にブレーキがかからない。

 韓国の世論調査会社「リアルメータ―」が実施した8月第1週(8月3−7日)の調査によると、文在寅大統領の支持率は43.9%と前週よりもさらに2.5%も下がった。逆に「支持しない」は3.0%アップの52.4%となった。「不支持」と「支持」の差は前週の3.0%から8.5%に広がった。

  続きはこちらから



2020年8月7日(金)

珍しい金正恩委員長の「被災地視察」報道 なぜ写真が同時公開されない?

「コロナ疑惑」で完全封鎖した開城市に食糧支援を決めた党国務委員会(労働新聞から)

 今朝の朝鮮中央通信によると、金正恩委員長が昨日(6日)、水害被害に見舞われた黄海北道・銀波郡大青里を訪問し、金委員長用の備蓄穀物や物資を被災者に支援するよう指示したとのことだ。

 北朝鮮でも韓国同様に大雨による被害が発生し、金委員長が視察したとされる黄海北道・銀波郡大青里では「約730棟の住宅と約600町歩(1町歩は3000坪)が冠水し、179棟の住宅が崩壊した」と北朝鮮のメディアは伝えていた。

 今朝の労働新聞によると、金委員長は大雨被害状況を「現地で了解」し、物資の支援や被災地の復旧に向けて様々な指示を出したようだ。

  続きはこちらから



2020年7月30日(木)

泥沼化する日韓関係 「運命の月」8月の「7大難題」

 日韓関係は昨年から「史上最悪の関係」と称されているが、一向に改善の気配は見られない。むしろ泥沼化し、今まさに「底なし沼」に入りつつある。それもこれも負の連鎖が続いているからだ。来月(8月)はまさに日韓にとってある意味では「運命の月」になるかもしれない。以下、日韓の「難題」を挙げてみる。

  続きはこちらから



2020年7月28日(火)

開城での「感染騒動」の最中に平壌ではマスク着用せず「老兵大会」!

金正恩委員長が参加した5千人規模のノーマスクの「老兵大会」(労働新聞から)

 北朝鮮は南北軍事境界線に近い開城市で「新型コロナウイルス感染の疑いのある事例が発生した」として24日午後には開城の完全封鎖に踏み切った。

 翌25日には金正恩委員長の出席の下、最高権力機関の労働党政治局による非常拡大会議が開かれ、開城市に非常事態を宣言し、これまでの国家非常防疫体系を最大非常体制に格上げし、特別警報まで発令した。

 まだ感染が確定されていない、疑わし事例1件でここまで大騒ぎするのはおそらく北朝鮮ぐらいであろう。それもこれも新型コロナウイルスが流入すれば、「致命的で破壊的な災難を招きかねない」(金正恩委員長)からであろう。

  続きはこちらから



2020年7月26日(日)

「感染者はゼロ」の北朝鮮が感染事実を初めて内外に明らかにした理由は?

開城市封鎖を決定した党政治局非常拡大会議(労働新聞から)

 北朝鮮が突如、南北軍事境界線に近い開城市を封鎖する措置を取った。新型コロナウイルスに感染した疑いのある事例が発生したためだ。

 今朝の朝鮮中央通信によると、先週日曜日(19日)脱北者(北朝鮮は「越南逃亡者」と呼称)が軍事境界線を越え、開城市に「帰郷」する事件が起きたようだが、この脱北者が新型ウイルスに感染していたようだ。

  続きはこちらから



2020年7月25日(土)

北朝鮮領海での中国船団のイカ釣り操業で被害を被る日本

日本の排他的経済水域にまで入って来る北朝鮮の漁船(海上保安庁の資料)

 上限を超す石油精製品の輸入や外国金融機関へのサイバー攻撃(ハッキング)、さらにはマネーロンダリングなど北朝鮮による国連安保理制裁決議違反事例が取り沙汰されているが、北朝鮮の東西の海域で中国の漁船数百隻が国連制裁決議を無視し、不法操業していることが、国際非営利団体「Global Fishing Watch」(GFW)が22日に発表した論文で明らかにされた。

 北朝鮮は2017年に中長距離ミサイルを乱射し、核実験を強行したため国連安保理から都合4回、経済制裁を掛けられた。

  続きはこちらから



2020年7月24日(金)

摩訶不思議な北朝鮮「コロナ警戒中]に平壌に老兵を招集!「感染者ゼロ」なのにワクチン開発?

2年前の「老兵大会」で老兵らに囲まれる金正恩委員長(労働新聞から)

 世界を震撼させている「新型コロナウイルス」をめぐる北朝鮮の対応、言動は理解不能である。

 中国の武漢を震源地とした「新型コロナウイルス」はあっという間に中国本土を席巻し、国境を接しているタイ、ベトナム、シンガポールなど周辺国から隣国の韓国や日本、そして欧米へと伝染し、今ではパンデミック(世界大流行)となっているが、中国と1420kmも国境を接している北朝鮮だけは今もって「一人の感染者もいない」と言い続けている。

  続きはこちらから



2020年7月20日(月)

2日連続で怒りまくった金正恩委員長 一体、何に怒っているのか?

18日の党中央軍事委員会拡大会議での金正恩委員長(労働新聞から)

 最長で3週間以上、最短でも2週間の間隔を開けて公式活動を行っていた金正恩委員長が一昨日(18日)に続き、昨日も公の場に姿を現した。

 一昨日の土曜日は平壌で開催された党中央軍事委員会拡大会議を指導するためだ。祖父・金日成主席の命日(8日)に錦繍山太陽宮殿を参拝してからまだ10日目しか経っていない。

 昨日の日曜日は10月10日の労働党創建75周年までの完成を目指している平壌総合病院の建設現場を視察するためだ。金委員長の2日連続の活動は軍部隊の訓練視察と政治局会議に出席した4月10日〜11日以来、約100日ぶりのことである。巷間囁かれていた健康不安はこれで完全に払拭したとも言える。

  続きはこちらから



2020年7月17日(金)

韓国メディアは日本政府の「GoToトラベル」キャンペーンをどう伝えているのか?

 日本政府は昨日(16日)、「GoToトラベル」の観光事業を予定どおり22日から東京を除外した全国各地で実施する方針を確認したが、隣国・韓国のメディアはこぞって関心を示し、日本政府の決定を一斉に報じていた。

 テレビでは3大ネットワークのうち、公共放送の「KBS」は「日本 コロナ19感染者急増・・・この時期に旅行クーポンを支給?」との見出しを掲げ、「新規感染者が緊急事態宣言解除後最高値を更新した最中にこのキャンペーンを行うことに熱い議論が起きている」と客観報道に徹していた。

  続きはこちらから



2020年7月14日(火)

韓国も長期戦の構え 韓国防疫の「英雄」が国民に「第2波に備えよ!」

鄭銀敬・韓国中央防疫対策本部長(中央防疫対策本部HPから)

 「韓国防疫の英雄」と称されている新型コロナウイルス対策の責任者である韓国中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は昨日(13日)、全世界の一日の新規感染者が20万人を超え、韓国国内への海外輸入患者が後を絶たないことから「長期戦の備えをしなければならない」と国民に呼びかけた。

 韓国中央防疫対策本部が公表したWHO(世界保健機構)のデーターによれば、世界の一日の新規感染者数は2月1日の2125人から今月(7月)1日には16万9401人と約80倍に急増した。

 一昨日の新規感染者20万1009人のうち、57.2%にあたる11万4902人が米州で、アジアでも20.3%の4万781人の新規感染者が確認されている。

  続きはこちらから



2020年7月11日(土)

文在寅大統領の支持率が急落した原因 6週連続で下落し、50%を割る!

笑っている場合ではない?支持率急落の文在寅大統領(青瓦台HPから)

 韓国の世論調査会社「ギャラップ調査」の7月第2週調査(7−9日実施)によれば、文在寅大統領の支持率は6週連続で下落し、ついに50%を切り、47%となった。支持率が40%台まで下落したのは3月の第3週調査(49%)以来である。「支持」は「不支持」を僅か3%上回り、47%。前週(52%)よりも5%も下落した。

 文大統領の支持率は3月の第2週(49%)から上昇し、4月は第1週が57%、第3週が64%、そして5月第1週は71%まで跳ね上がっていた。しかし、これをピークに下落し始め、5月第4週65%、6月第1週62%、第2週60%、第3週55%、第4週52%、そして7月第1週は50%まで急落していた。

  続きはこちらから



2020年7月10日(金)

「首都圏大流行」を免れたソウルと同じ道を辿れるか?東京の感染状況

 失踪していたソウル市の朴元淳市長が遺体で見つかった。

 元秘書からのセクハラ告訴を苦に自殺した可能性が取り沙汰されているが、自殺の一報を伝えた米紙ニューヨーク・タイムズは朴市長の業績として新型コロナ対策を挙げていた。「800万の人口のニューヨークは感染者が35万人なのに対して1千万のソウルは1千人余りであった」と伝えていた。

 ソウル市の感染者は7月9日現在、累計で1千人よりも4百人多い1,401人。死亡者は依然一桁の9人のままである。

  続きはこちらから



2020年7月8日(水)

祖父の誕生日は欠席、命日は出席! 「健康不安」を払拭した金正恩委員長

祖父(金日成主席)の命日に参拝した金正恩委員長(労働新聞から)

 今日7月8日は金正恩委員長にとっては祖父・金日成主席の命日(1994年死去)である。金委員長は昨年同様に遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を早朝に「参拝」していた。

 命日の参拝は2018年に一度だけ見送ったことがあった。それ以外は皆勤だった。

 命日の参拝同様に政権発足(2012年1月)以来、一度も欠かしたことのなかった誕生日(4月15日)の「参拝」を今年初めてパスしていたことからこの日の参拝が注目されていた。

  続きはこちらから



2020年7月6日(月)

韓国人の対日感情は米国、中国、北朝鮮よりも悪い! 韓国の最新世論調査結果

GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄を求めた韓国のデモ(主催団体提供)

 韓国の東アジア研究院(EAI)と成均館大学東アジア共存協力研究センター(EACC)及び大手紙・中央日報が世論調査会社「韓国リサーチ」に委託し、去る5月に実施した「2020年韓国人のアイデンティティ」調査(全国の有権者1003人を対象)によると北朝鮮を除く周辺国(日本、中国、米国の3か国)に対する韓国人の感情が悪化していることがわかった。

 この調査によると、周辺国の中では日本への感情が最も悪化しており、「敵対感」は前回(2015年に調査)の58.8%から71.9%と、13.1%も増加した。昨年7月に日本が発動した半導体素材輸出厳格化措置や輸出手続きで優遇対象とするホワイト国から除外したことが影響したようだ。日本への好感度は17.3%から9・9%とほぼ半減し、10%を切った。

  続きはこちらから



2020年7月1日(水)

全国の感染者数では日本は韓国よりもましだが、東京はソウルよりも悪い!

韓国政府の「新型コロナ対策会議」(韓国中央災難対策本部HPから引用)

 韓国の中央疾病対策本部が7月1日午前10時に発表した統計によれば、昨日(6月30日)の韓国の新型コロナウイルスの新規感染者は51人。28日、29日と二日続けて42人だったが、再び50人台に戻ってしまった。これにより韓国の感染者は累計で1万2850人。このうち首都・ソウル市の感染者が約10分の1にあたる1321人。

 韓国はこの1か月間(6月1−30日)で感染者が1332人も増えた。ソウル市だけで458人もの感染者が確認された。

 この1か月間の韓国の感染者を10日別に区切ってみると、6月1−10日までが444人、11−20日までが459人、21−30日までが429人なっており、直近の10日間はやや減少した。6月の一日の感染者の最多は19日の67人で、最小は21日の17人。

  続きはこちらから



Designed by CSS.Design Sample