メールマガジン「辺真一のマル秘レポート」(有料)発刊!!

 ブログやホームページでは書けない貴重なニュースをお届けするために メールマガジン「辺真一のマル秘レポート」を2014年1月から毎月2〜3回発刊します。 月額540円、初月は無料ですので以下からご登録をお願いします。 ご登録はこちらから

2019年7月20日(土)

「日韓紛争」で北朝鮮が韓国を「後方支援」! 拉致問題への影響は?

文在寅大統領と金正恩委員長(写真:代表撮影/Pyeongyang Press Corps/Lee Jae-Won/アフロ)


 

 日韓の抗争を「目くそ鼻くそ」とか「同じ穴の狢」と云々し、どちらかと言うと北朝鮮はこれまで「高みの見物」をしてきたが、今回は韓国に加勢し、日本を激しく叩いている。昨日(19日)も国営の「朝鮮中央通信」は日本の対韓輸出規制めぐり日本を「千年来の敵」と評し、批判を展開していた。

 北朝鮮が「日韓貿易紛争」を初めて伝えたのは7日で、「朝鮮中央通信」が韓国のインターネット新聞「自主時報」の記事を引用し、「日本の経済報復措置に対する南朝鮮(韓国)の角界で憤怒が爆発している」と伝え、この日を皮切りに北朝鮮のメディアは連日、関連記事を記載している。

  続きはこちらから



2019年7月18日(木)

「日韓紛争」は場外へ!日本はICJに、韓国はWTOに提訴へ!

ICJ(国際司法裁判所)の裁判員(写真:ロイター/アフロ)


 

 今日18日は、日本が日韓請求権協定に基づき元徴用工問題に関する第三国による仲裁委員会の設置を韓国に求めた回答期限日である。仲裁委設置を受け入れる気がなく、日本政府の申し入れを無視している韓国政府はおそらく何の返事もしないだろう。

 そうなれば、日本政府は見切り発車で、次の手である国際司法裁判所(ICJ)に提訴することになる。韓国同意下での共同提訴が望ましいが、仲裁委員会の設置にも首を縦に振らない韓国が応じるはずもなく、結局は日本単独提訴ということになるだろう。

  続きはこちらから



2019年7月14日(日)

WTO提訴で韓国に勝算はあるのか?

WTO(世界貿易機関)本部(写真:ロイター/アフロ)


 

 韓国は来月(8月)にも日本が輸出上の特恵を与えていた「ホワイト国」(27か国)から除外されることを既成事実として受け止め、その対応、対策に大わらわである。

 日本政府が安全保障上「友好国」として認め、「ホワイト国」にリストアップされれば、日本からの軍事転用可能な戦略物資は輸出手続き簡素化など優遇措置が与えられる。韓国は2004年に指定され、恩恵を受けてきた。従って、指定解除となると、今後ほぼすべての産業分野でもろに影響を受けることになる。

  続きはこちらから



2019年7月13日(土)

日本の「対韓輸出規制」は安全保障上の理由?政治報復?どっちが本当?

日韓両政府の課長級による実務レベル会合(韓国共同取材団)


 

 昨日、日韓通商摩擦関連で課長級による会合が開かれ、韓国の担当者が半導体素材の対韓輸出の審査厳格化を求めた根拠である「不適切な事案」について説明を求めると日本の担当者は「第三国への横流しを意味するものではない」と回答していたようだ。

 「第三国への横流しを意味するものではない」との「答弁」を聞いて、アレっ?と思った。一般には横流しの確証が、あるいは疑いがあるからこそ、日本が今回の措置を取らざるを得なかったと受け止められていたからだ。

  続きはこちらから



2019年7月10日(水)

「国際世論を味方に取り付けろ!」「場外戦」に打って出た韓国

文在寅大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 

 日韓の通商摩擦は全面対決の様相を呈しているが、守勢に立たされている韓国は米国や中国などの一部メディアが今回の日本の措置に苦言を呈していることもあって国際社会を味方に取り付ける「場外戦」に乗り出した。

 韓国政府は日韓間の見解の差が大きいことから直接交渉での解決は困難と判断し、世界貿易機関(WTO)など国際機関や日本に影響力を持つ米国など主要国との二国間協議の場で日本の措置の不当性を訴える方針のようだ。

  続きはこちらから



2019年7月8日(月)

日本の輸出規制で「反文在寅闘争」を「休戦」?「抗日」にシフトする韓国の保守

韓国で始まった日本製品不買運動(韓国中小商工人会)


 

 少し前まで文在寅大統領の弾劾を叫んでいた保守陣営の間に日本の輸出規制措置発動によって直面した経済危機を乗り切るため「今は、足並みを揃え、日本に対して声を上げ、対抗しなければならない」との雰囲気が醸成しつつある。

 来年4月の総選挙で勝利を収め、次期大統領選挙で政権交代を狙う野党第1党の自由韓国党は日本の輸出規制措置を当初は文大統領の無能、無策の産物として、また硬直した対日外交に原因があるとして責め立てていたが、昨日、黄ギョアン党代表や羅ギョンウォン院内総務ら党3役が出席して開かれた「日本の経済報復 緊急対策会議」では日本の規制措置を与党同様に「経済報復」、「貿易報復」と断じ、一様に日本に撤回を求めていた。

  続きはこちらから



2019年7月7日(日)

経済では韓国は日本に太刀打ちできない!

韓国の半導体メーカー(写真:ロイター/アフロ)


 

 日本による半導体素材の対韓規制措置に端を発した日韓対立は経済に留まらず、政治、外交、文化、観光、さらには庶民のレベルまで広がりつつある。特に韓国では日本商品不買運動が始まるなど「反日」の気運が日増しに高まっている。

 報復が報復を招く「貿易戦争」は利益を得ることにあるのではなく、相手により多くのダメージを与える戦いである。裏を返せば、「消耗戦」でもあり、「持久戦」でもある。

  続きはこちらから



2019年7月4日(木)

日本の「輸出規制」に韓国が検討している6枚の「対抗カード」の効力は!?

「史上最悪の日韓関係」下の河野太郎外相と康京和外相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 

 「G20サミット」終了直後の7月1日に発表されたスマートフォンやテレビに使われる半導体などの製造に必要な素材3品目の韓国向けの輸出規制は今日(4日)から発動されるが、韓国政府は昨日、産業通産資源部、外交部を中心に関係部署対策会議を開き、対応の検討に入り、今朝、経済担当の洪楠基副首相は「日本が撤回しなければ、日本に対して相応の措置を検討する」と、政府高官として初めて対抗措置を口にした。

  続きはこちらから



2019年7月2日(火)

日本の「対韓輸出規制」発表を韓国メディアはどのように報じたのか?

対韓輸出規制を発表した経済産業省(写真:西村尚己/アフロ)


 

 日本政府は昨日(1日)、スマートフォンやテレビに使われる半導体などの製造に必要な素材3品目の韓国向けの輸出を規制する方針を発表したが、この電撃的発表を韓国メディアは一斉にどう報じたのかをそれぞれの見出しからチェックしてみた。

 韓国で最も発行部数の多い保守紙「朝鮮日報」は「対日外交無能、無対策のため輸出で唯一希望の半導体まで揺れる」と韓国政府の対日外交を正面から問題視していた。

  続きはこちらから



2019年6月30日(日)

「当然?」「非礼?」 G20「日韓首脳会談拒否」への韓国側の反応は?

G20での文在寅大統領との首脳会談をスルーした安倍首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 

 注目されたG20サミットでの日韓首脳会談は実現しなかった。

 安倍晋三首相と文在寅大統領のツーショットは公式歓迎式会場入口と晩さん会が行われた迎賓館前で2度握手し、一言挨拶を交わして終わった。長くて8秒だった。

  続きはこちらから



2019年6月26日(水)

G20で日韓首脳会談を見送る日本の手法はかつての中国と韓国のそれと全く同じ!

G20サミットでの文在寅大統領との首脳会談を見送る予定の安倍首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 

 「会うべきか、会わざるべきか」―どうやら安倍首相はハムレットのように悩むこともなく、大阪でのG20首脳会議(28−29日)での韓国大統領との会談を見送ることにしたようだ。すでにその決定を韓国側に伝えているようでもある。

  続きはこちらから



2019年6月24日(月)

「トランプ−金正恩親書外交」のキーワード「興味深いこと」とは何?

ベトナム・ハノイでの第2回米朝首脳会談(労働新聞から)


 

 物別れに終わった2月末のベトナム・ハノイ会談以降、全面ストップ状態にある米朝核交渉が米朝トップ同士の親書交換で再開の兆しが見えてきた。

 トランプ大統領と金正恩委員長による親書交換は慣例化しており、すでに10回親書が行き交っている。その多くは、金正恩委員長からのもので、その都度トランプ大統領はメディアにその事実を公表していた。

  続きはこちらから



2019年6月20日(木)

「虐める姑(米国)よりも止めるふりする小姑(中国)が憎い」 北朝鮮の嫌中感情

訪中した金正恩委員長歓迎宴での習近平主席(労働新聞)


 

 金正恩委員長の4度の訪中と習近平主席の初の訪朝によって中朝関係はかつてのような「唇と歯」のような蜜月関係に戻りつつあるが、過去14年間の疎遠は北朝鮮の核とミサイル発射をめぐる対立と北朝鮮の反中感情が原因であった。

 北朝鮮が初の核実験を行ったのが2006年10月。中国はそれ以来、北朝鮮が核実験やミサイル発射実験をやる度に国連安保理常任理事国として米国が主導する制裁決議や非難声明に賛成し、北朝鮮はその都度反発してきた。

  続きはこちらから



2019年6月19日(水)

「中国を信用するな!」が先代の遺訓 14年ぶりの中国最高指導者の訪朝と表裏の中朝関係

訪中した金正恩委員長と握手を交わす習近平主席(労働新聞)


 中国の最高指導者である習近平主席が今月(6月)20日から1泊2日の日程で訪朝する。胡錦涛主席の2005年10月の訪朝以来、中国最高指導者としては14年ぶりの訪朝となる。

 

  続きはこちらから



2019年6月15日(土)

イランと北朝鮮の「トランプ評価」 どっちが正しい?

2017年にイランを訪問した金永南常任委員長とロウハニ大統領(労働新聞から)


 イランと北朝鮮はかつてブッシュ政権からイラクと並び「悪の枢軸」とのレッテルを張られるほど「反米」の絆は強かった。両国は1979年のイラン革命によるホメイニー政権発足以後同盟関係にあり、核とミサイル開発でも協力関係にあった。しかし、昨年からは明かに対米外交(核交渉)では異なるスタンスを取っている。

 北朝鮮が「共通の敵」である米国との交渉を決断し、金正恩委員長がトランプ大統領に米朝史上初の首脳会談を呼び掛けると、イランは「北朝鮮の指導者はどのような種類の人間と交渉しているのか分かっているのか」と不満を示し、さらに金委員長が体制保障を見返りに「完全なる非核化」を約束するや「米国の本質は楽観できるものではなく、注意深く対応すべきだ」と釘を刺していた。

  続きはこちらから



2019年6月14日(金)

文大統領と「会う?」「会わない?」 安倍総理の意中は?

日韓首脳会談は実現するか?(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 今月28日から29日まで大阪で開催されるG20サミット会議までに韓国政府が元徴用工問題で日本が望むような解決策を示さない限り、安倍晋三総理は文在寅大統領との首脳会談をパスするとの見方が日本では支配的だ。

 それもそのはずで、政権与党・自民党内には反対の声が渦巻いている。先月末に自民党本部で開かれた外交部会では「今は受けるべきではない」などと反対意見が相次いだそうだ。

  続きはこちらから



2019年6月13日(木)

「2週間以内」に朝鮮半島で4度目の南北首脳会談が実現するか

板門店で金委員長を待ち構える文在寅大統領(写真:代表撮影/Inter-Korean Summit Press Corps/Lee Jae-Won/アフロ)


 物別れに終わったベトナム・ハノイでの米朝首脳会談から3か月以上、朝鮮半島情勢は膠着状態にあるが、ここにきて、何かが動きそうな気配がしてならない。

 その一、ノルウェー訪問中の文在寅大統領が昨日(12日)、オスロ大でのフォーラムでの演説後、4度目の南北首脳会談について問われた際、「会うかどうかや、会う時期について決定するのは金正恩委員長の選択である」と断りながらも「トランプ大統領の6月末の訪韓前に金委員長と会うのが望ましい」との考えを示したことだ。

  続きはこちらから



2019年6月11日(火)

韓国は常に政権与党よりも、野党がより「反日」になる!

全議員が出席して行われた竹島での慶尚北道本会議の場面(慶尚北道撮影)


 日韓関係は「史上最悪の関係にある」と言われているが、その発端となったのが7年前の2012年8月10日の李明博大統領(当時)の竹島(韓国名:独島)上陸であることは誰もが認めるところである。

 韓国の大統領としては初めて、それも歴代大統領の中で最も「反日」と称されていた李承晩初代大統領ですら足を踏み入れなかった「禁断の地」に現職大統領が上陸した訳だから、「竹島は歴史的にも、国際法的にも我が領土」と主張する日本は猛反発。以後、日韓関係は悪化の一途を辿った。順調だった日韓関係が暗転し、「韓流ブーム」が消沈したのは周知の事実である。

  続きはこちらから



2019年6月5日(水)

全国禁煙キャンペーン中なのに誰も注意できない「将軍様の喫煙」

劇場でタバコを吹かしながら公演を観覧する金正恩委員長(朝鮮中央通信から)


 万国共通で5月31日は「世界禁煙デー」である。北朝鮮でもこの日に合わせて全国で禁煙キャンペーンが実施されている。

 一昨日(6月3日)の朝鮮中央通信によれば、北朝鮮では禁煙を奨励するため「タバコ統制法」が改定され、タバコの生産を中断したようだ。新旧にかかわらずタバコの生産ができなくなっている。外国産タバコも規制対象で、輸入が禁じられている。

 ところが、朝鮮中央通信が禁煙キャンペーンを伝えたまさにその日、平壌の「5.1競技場」で「アリラン祭」と称されるマスゲーム(集団体操と芸術公演)が開幕したが、配信された写真をみると、金正恩委員長は喫煙しながら、マスゲームを観覧していた。

  続きはこちらから



2019年6月4日(火)

韓国発「北報道」はなぜ誤報が多い?「書き得」の「悪習」に原因

処刑か、生存か!金革哲対米特別代表(正面の眼鏡の人物)(北朝鮮取材班)


 

 失敗に終わった米朝首脳会談の責任を取らされ辺境地で重労働を強いられている筈の金英哲統一戦線部部長が、また兄の金正恩委員長から「謹慎」を命じられているとされる金与正党第一副部長(金委員長の実妹)が相次いで姿を現したことでどうやら5月31日付の「朝鮮日報」の「粛清スクープ」は一転「誤報」との見方が強まっている。

 今朝の「朝鮮日報」は元情報機関関係者の言葉を引用し、「金英哲の懲戒が一段落したか、国際社会の視線を意識し、革命家措置中の金英哲を急遽登場させた可能性も考えられる」と「釈明」していた。

  続きはこちらから



2019年6月3日(月)

「笛吹けど踊らず」で怒り心頭の金正恩委員長の「経済視察」

昨年7月に視察したオンポ保養所で現場責任者を叱責する金正恩委員長(労働新聞)


 

 金正恩委員長が経済視察でまた、また怒りを爆発させていた。

 短距離ミサイル発射(5月9日)以来、3週間ぶりに姿を現した金正恩委員長が中国との国境に近い慈江道にある軍需工場を相次いで視察したことはすでに報道されているが、興味深いのは、その際に立ち寄った現地の学生少年宮殿で目の当たりにした悲惨な光景に「激怒した」との報道である。

  続きはこちらから



2019年6月1日(土)

「北朝鮮処刑・粛清報道」はスクープか、誤報か!

米朝首脳会談のためベトナムに随行した金正恩委員長の妹、与正氏(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 

 ベトナムのハノイで2月下旬に行われた2度目の米朝首脳会談が決裂したことへの責任を取らされ、司令塔の統一戦線部の金英哲部長が重労働に処せられ、参謀格の金聖恵・策略室長(女性)が強制収容所に送られただけでなく、ビーガン国務省北朝鮮担当特別代表の相手となった金革哲・対米特別代表に至っては哀れにも処刑され、そして金正恩委員長の実妹の金与正・党第一副部長までもが「謹慎されている」との「朝鮮日報」の報道は衝撃的だ。事実ならば、一大スクープである。

  続きはこちらから

 

Designed by CSS.Design Sample